お知らせ:
模倣サイトにご注意ください
ショールーム閉館のお知らせ

ほっとTIMEコラム

第3話:おいしい紅茶でリラックス

第3話:おいしい紅茶でリラックス

スーパーには同じような茶葉の紅茶が並んでいますが、最近では紅茶の専門店もあり、コーヒーと同じように自分の好きなブレンドを買い求めて楽しむ方もいるようです。

専門店は少し敷居が高いですが、美味しく淹れるコツさえわかれば、いつもの紅茶もグレードアップできます!まず大事なのが使う水。魔法瓶のお湯からではなく、新鮮な水をたっぷりとやかんに入れ、完全に沸騰させるのがポイントです。このとき、鉄製のやかんは紅茶の味と色を損なうので避けます。そしてできればティーバッグではなく茶葉を使い、ティーポットに沸騰したお湯と一緒にいれて茶葉をポット内で蒸らします。この時、外からは見えませんがティーポットの中で蒸らされるにつれて茶葉が上下に動き始めます。これをジャンピングと呼びます。ジャンピングが起これば紅茶はほぼ美味しく淹れられたと言えるでしょう。いくつかある紅茶の種類から自分のお気に入りを見つけるのも、また楽しいものですね。

主な銘柄の紅茶は以下の通りです。

ダージリン
マスカットフレーバーと呼ばれる特有の香りがあり、味わいとともに最も充実しています。ゴールデンティップを含む極上品はとても高価。さわやかな味わいで人気の銘柄です。インド原産。
キーマン
上海が原産の中国種の茶葉です。生産時期が短くやや高価ですが蘭の花の香りを含む独特の風味があります。その風味を生かすよう、ストレートで飲むのに適しています。
ウヴァ
産地はスリランカ。強い香気と、赤みが強い水色になるのが特徴です。この水色はカップに入れると縁がオレンジ色となり、通は「コロナ」または「ゴールデンリング」と呼ぶそうです。
アッサム
インド・アッサム地方が産地のこの種は、タンニン含有量が多い割にクセが少なく、その強い味わいはストレートはもちろん、特にミルクティーに最適な茶葉です。

また、よく見かけるアールグレイは、銘柄ではなくフレーバーティの一種です。
中国種のブレンド茶葉にベルガモットで着香されています。アイスティーとして人気です。

傍らにティーカップを置いて、気になる小説の続きを読みながらくつろぐ時間。チェアに身体をゆったり預け、リラックスしながらのティータイムは至福のひとときですね。この度ファニチャーハウスでは、ティーテーブルが付いたリクライニングチェアが入荷しました。座り心地にこだわったオットマン付チェアです。ぜひご覧ください。慌しい日々の中でばたばたと過ごしがちですが、自分のために淹れる美味しい1杯を楽しむ心のゆとりが欲しいものですね。